• 冬至の夕日に輝く宝珠を見る会

    一年の締めくくりに神々しい夕日を観賞しましよう

    冬至の日の午後2時過ぎ、西楽寺境内にある真田信重公の御霊屋(重要文化財)では、屋根の宝珠の真上に日が沈み、宝珠が光り輝くという年に1度の神々しい光景が見られます。
     阿弥陀如来様に寄り添う黄金の飛竜や鳳凰、天井に舞う飛天、来迎壁に舞う迦稜頻迦(かりょうびんが)など、当時の大名が想う極楽浄土の御霊屋内部を拝観します。
     また、清水寺も訪問し、重要文化財の千手観音や聖観音、地蔵菩薩像等の仏像も拝観します。

    【スケジュール予定】
    清水寺見学→西楽寺見学→御霊屋にて宝珠を見る

    受付開始 12:30
    見学 13:00~14:30
    太陽が沈む時刻14:20過ぎ


    持ち物等
    カイロ等防寒具、お賽銭用小銭
    ※暖かい服装でお越し下さい


    申込不要 直接集合場所へお越し下さい

    主  催 NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会

    お問合せ NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会事務局
         長野市松代町松代(伊勢町)577 松代まち歩きセンター内
         TEL 026-278-1277

    日にち

    時間

    場所 集合場所 松代町西条 地震観測所入口トイレ横(駐車場)
    費用 参加費 1000円(保険料・拝観料會む)