展示・観光施設

旧白井家表門

  • 旧白井家表門
  • 長野市指定文化財
    昭和49年7月20日指定

    この表門は、もと表柴町に建っていましたが、平成12年に現在地に移築復元しました。
    建築年代は、松代藩文書などから弘化3年(1846)であることがわかりました。
    白井家は、松代藩の中級武士であり、真田家家中明細書によると、白井発平が高百石、元方御金奉行、御宮奉行などを勤めました。
    子の平左衛門も文武学校権教授に出仕し、また、佐久間象山との親交も密にしています。
    表門は、三間一戸門形式の長屋門で、門部は太い槻(つき)の角材でつくってあります。間口が20m余の長大な門で、背面に3つの居室部を付設し、白井家の陪臣(陪臣)武士などが居住したとみられ、門に住宅が続いているのも珍しい例といえます。浅瓦葺(さんがわらぶき)の大型な長屋門は、松代藩では、天保期から多くなりますが、それ以前には茅葺の門が一般的であったようです。
    旧白井家表門は、長大な間口に対して、屋根を低くおさえ、正面は間口の左右に出窓と与力(よりき)窓のみの単純・構造で意匠性が秀抜です。
    松代藩中級武士の代表的な表門として、旧松代城下の面影を今に伝える貴重なものです。

    平成12年7月10日
    長野市教育委員会

旧樋口家住宅

  • 旧樋口家住宅
  • ●樋口家の歴史
     旧樋口家は江戸時代、松代藩10万石を治めた真田家の家臣として、藩の目付役などを務め、江戸時代末期は禄高が、230石でした。
     樋口家歴代の墓所は長国寺にあり、その歴史は、樋口家文言『樋口家譜略伝』(明治14年)によると、甲斐武田家の家臣であったと伝えられ、家紋は三つ鱗紋を用いていました。
     樋口家が当初に住んでいた場所は不明ですが、樋口家文書から、江戸時代中期の明和2年(1765)、6代樋口角兵衛邦蕃の時に、現在地である殿町へ移り、近年まで続いていたことがわかります。
     殿町は松代城のすぐ東南に位置し、城の正面口にあたる大御門(大手門)にも近く、上級武士が多く住む武家屋敷町でした。
    中でも樋口家は、真田邸(新御殿)に隣接し、上級の武家屋敷町の中心的な位置にありました。

    旧樋口家住宅の施設概要
     江戸時代の樋口家住宅は、他の藩士たちの住宅と同様、一種の公舎でした。
     敷地のほぼ中央には泉水路が東西に流れ、敷地の南側は、現在は雑木林と竹林、庭園ですが、樋口家の時代は畑として使用されていました。一方、北側には主屋を中心とした建物があり、
    現在は主屋、土蔵、長屋、屋敷神の祠、表門、土塀、板塀がありますが、表門については、移築されてきたものといわれています。
     このうち、主屋、土蔵、長屋の3棟が、長野市の文化財(建造物)に指定されており、中でも、主屋と土蔵は建築年代がわかります。

    現在「NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会」が管理運営を行い、まち歩きの拠点のひとつとなっております。

旧前島家住宅

  • 旧前島家住宅
  •  前島家は、同家所蔵の系図によると、初代民部佐衛門一宗以来、上田・松代で代々真田家に仕えており、禄高は江戸中期に300石、幕末には200石であった。
     この屋敷地は、真田家の松代入封の際に拝領したと伝えられており、正徳年間以後の城下町絵図でも、前島家(前嶋家)の名前を確認することができる。現在の敷地は、幕末の屋敷地(763坪)の約半分ではあるが、敷地内に主屋、土蔵、三社、庭園が現存している。
     主屋は、梁間4間半(8.18m)、桁行10間(18.18m)、銅板葺(元茅葺)寄棟造で、南側と北側に半間の縁側の下屋庇がつき、南西には玄関がつきでている。系図に宝暦9年(1759)の建築と記されており、現存する松代地区の武家屋敷の中では、最も古い年代に属する。安政6年(1859)には、主屋北側に2階建ての座敷(隠居所)が増築されたが、昭和40年代の松代地震の後に、主屋西側の土間部分とともに撤去されている。屋敷の東南隅にある三社は、約1.6m開方、切妻造、銅板葺、平入で、内部に神棚を設ける。主屋東部に位置する土蔵は、2間半(4.55m)四方、二階建、屋根は桟瓦葺、切妻造、平入の置屋根である。
     現存する建物は、幕末期および昭和の修理によって改変を受けているが、主屋前面の池や、土蔵と三社を配した屋敷地は、江戸時代の武家屋敷景観を良好に保持しており、貴重である。

    平成22年8月1日 長野市教育委員会


    長野県宝
    旧前島家住宅主屋
    附表門・土蔵・三社(棟札付)・庭園を含む宅地
    平成18年4月20日指定

旧松代駅

  • 旧松代駅
  • 大正11年(1922)開業当時の建物を残すかわいい駅舎。
    長野電鉄屋代線が廃線となったが、駅舎は残った。

旧松代藩鐘楼

  • 旧松代藩鐘楼
  •  旧松代藩鐘楼(しょうろう)は真田信之が松代に入封(にゅうほう)直後に建てられたとされ、当初は火の見櫓(やぐら)の役割を兼ねていた。
    昼夜の区別なく一刻(いっとき)(二時間)ごとに時刻を知らせたほか、城下で出火があった際にも鐘を撞いて非常を知らせていた。
     その後三度の火災に見舞われ、現在の鐘楼は享和元年(1801)の再建にあたり、鐘楼と火の見櫓を別棟にして造営された。
    また鐘は太平洋戦争で供出され、現在のものは平成三年に旧鐘の寸法や重さを模して取り付けられたものである。
     この鐘楼で、江戸の末期に、佐久間象山が電信実験をしたという言い伝えが残されている。
     構造は石積みの基壇(きだん)の上に立つ井楼(せいろう)式高櫓(たかやぐら)形鐘楼で、高さは約12メートル、屋根は切妻(きりづま)の瓦葺きである。
     屋根まで伸びる四隅の柱を保護するため、支え柱を立て、下見板張りとしている。
     内部は三層になっており、土間を除いて床は板張りとし、各階をはしごでつないでいる。
     平成22年度から、保存修理工事を実施し、あわせて周辺を広場として平成26年3月まで整備した。

    長野市指定有形文化財(建造物)
    旧松代藩鐘楼
    昭和42年12月20日指定

    平成26年3月31日
    長野県教育委員会