史跡・旧跡

会津比売神社

伊勢社

岩戸神社

上杉謙信槍尻の泉

  • 上杉謙信槍尻の泉
  •  永禄4年(1561)川中島合戦の時、妻女山に陣を置いた上杉謙信は、戦いの勝利を神仏に祈願するため、時折、麓の会津比売神社(神社内には「謙信鞍掛の松」がある)や岩野村にあった聖観音菩薩像(伝行基[ぎょうき]作)に赴いていた、
     ある日のこと、帰途についた謙信は、あまりにのどが渇いたので、馬から降り家来の直江山城守に、「槍をかせ!」と命じ「妻女におわすよろずの神よ、我に清き水を与え給え!」と地に伏し一心に祈り、そしておもむろに立ち上がって空高く槍を構え、「えい!やっ!」と地面に槍の石突き(槍の柄の先端で地面に立てる部分)で強く突いたところ、そこから勢いよくきれいな水が湧き出したのである。

    「妻女山に伝わる民話」から
    (文責・青木貞元)
    「川中島の戦い」ゆかりの地整備保存会

恵明寺

  • 恵明寺
  • 黄檗宗(おうばくしゅう)(禅宗)
    象山 恵明禅寺
    創建 延宝5年6月(1677)
    開基 第3代松代藩主真田伊豆守幸道公(1657年-1727年)
    開山 黄檗宗二代庵禅師(1611年-1684年・中国僧)

    本山 黄檗山萬福寺(京都府宇治市)
    開創 寛文元年(1661年)
    開山 隠元禅師(1592年-1673年・中国僧)

    豊姫(あんず姫・1659年-1733年)の墓所
    伊予(愛媛県)宇和島藩主伊進宗利公(仙台藩祖伊達政宗公の孫)の息女で名を「豊」と言う
    延宝元年7月26日(1673年)15歳にして幸道公に嫁ぐ
    豊姫が実家より「鉢植えのあんず」を持参し愛賞されていたのが善光寺平に「あんずの樹」が来た始めであると言われている。現在、更埴市(現・千曲市)森のあんずは有名
    遺骨は幸道公の開基寺であることから当寺に葬る
    今も当時から三代目にあたる「あんずの樹」が境内に残っている