史跡・旧跡

秋葉神社

  • 松代の民話
    百万遍講
    - 病魔を追い払った念仏講 -

    毎年8月17日の夜、部落あげてこの関屋川のほとり秋葉山の前で、数珠をまわし念仏を唱えています。もう百数十年も続いている伝承行事ですが、伝染病に悩まされた先祖の人たちが、病魔を追払い、家内安全、健康のために神仏におねがいしてきた念仏講であります。
    むかし、この地ではやり病が流行した時、ひとりの僧が通りかかりました。病気は悪魔のしわざと信じた僧は、念仏の力によって悪魔を追い払ったということです。

    奉唱一百万遍之札

    松代地区市制百周年記念事業実行委員会