史跡・旧跡

佐久間象山宅跡 象山神社内

  • 県史跡 佐久間象山宅跡
    長野県指定文化財
    昭和35年2月11日指定

     ここは象山の曽祖父国品以来の佐久間家の宅跡で、象山は文化8年(1811)2月11日この地で生まれた。
    天保10年(1839)の2度目の江戸留学まで29年間ここに住み、藩の青年たちに学問を教えて後進の指導に努めた。
     象山の父は佐久間国善(一学また神渓とも号した)といい、5両5人扶持(70石相当)の家だったが、剣はト伝流の達人であり、また、易学もって知られた名門だった。
     屋敷の指定面積は、877・8メートルで、南方中程に表門、西方中程に裏門があった。住宅は屋敷東寄り中央に東西五間、南北三間半の茅葺平屋造りのもので、表門西脇に父神渓の槍・剣術場・学問所があり、裏門の北と南に長屋2棟あって、藩中軽藩士の屋敷であった。屋敷東北隅には硝石製造原土置場があった。
     元治元年(1864)3月、徳川幕府の招きで上洛し、開国・公武合体論を主張し大いに画策したが、同年7月11日京都三条木屋町で刺客の凶刃に倒れた。享年54歳。佐久間家は断絶になり、屋敷は藩に取り上げられ、後に住居も破壊された。当時をしのばせるものは、住宅の西北隅にあった井戸のみである。


    平成7年2月10日
    長野市教育委員会