展示・観光施設

真田邸(新御殿)

  • 江戸時代末期(元治元年=1864年)に、松代藩9代藩主 真田幸教が当初 義母お貞の方(貞松院)の住居として建築し、やがて隠居した幸教の住居となり、明治以降は、真田家の私宅となりました。昭和41年(1966年)には真田家伝来の宝物とともに、長野市に譲渡され、今に至ります。
     敷地内には主屋(御殿)と表門、7棟の土蔵などの附属施設に加え、庭園が一体のものとして残されており、全国でも少ない御殿建築の遺構です。
    松代城跡の建築物として唯一、当時のままに残った貴重な建物で、間取りなどに武家屋敷の面影を色濃く伝えています。小堀遠州の流れをくむと伝えられる池山回遊式の日本庭園が四季折々の彩りと風情を楽しませてくれます。
    お問い合せTEL026-278-2801(松代文化施設等管理事務所)
    開館時間9:00~17:00(入場16:30まで)
    休館日原則として無休 (※くん蒸期間中)
    入場料 一般個人   400円
    一般団体   300円
    小中学生個人 100円
    小中学生団体  50円
    2館・3館共通券・団体料金その他イベント内容は、真田宝物館ホームページにてご確認ください。
    交通・駐車場長野ICから約1km
    JR長野駅から松代行きバス約30分松代駅下車+徒歩3分