史跡・旧跡

眞田信重霊屋 重要文化財

  • 当山は浄土宗に属し、天正2年
    (1574)西条氏の開基で、松代眞田家初代信之の三男隼人正信重(3万石)の帰依寺であった、信重は慶安元年(1648)2月23日武蔵国鴻巣で病死し、遺骸は同地の勝願寺に葬ったが、生前の関係によって、同年当山に霊屋を建立し、信重公夫妻の位牌を安置している。
    霊屋は方三間茅葺上を鉄板葺としている。回縁及び一間向抖付きで東面の正面中央に花狭間付桟唐戸を、左右連子窓で、柱上に出組をおき、中備は蟇股と蓑束、軒は一軒の繁とする。内部は前面一間通りを外陣とし、鏡天井を張り、格子戸で内陣を区画し、内陣は格天井で、奥に禅宗様仏壇をおき、阿弥陀像及び信重夫妻の位牌をおく、内外共漆塗、極彩色を施す、今は上部のみ残っている。
    内外陣境の中備に45度方向に肘木が出た組物をおくのは、中国には古くあるが、日本では他に例がない。全体として古風で細部の手法が洗練されていて、近畿地方工匠の手になるものかと考えられている。

    重要文化財
    昭和46年6月22日指定
    眞田信重霊屋 一棟
    附 前 机  一脚
    釣燈篭 二箇

    関谷山十二神院 西楽寺
    松代史跡文化財開発委員会