展示・観光施設

旧横田家住宅

  •  旧松代藩士横田家は、禄高150石の中級武士で郡奉行などを努めた家である。最後の甚五左衛門は表御用人であった。
     この住宅は他の藩士宅と同様、一種の公舎で、横田家が現在地に移った時期は18世紀末である。
     主屋は、寛政6年(1794年)表門は天保13年(1842年)に建てられた。隠居屋は、文政3年(1820年)頃移築されたものと推定される。
     屋敷地は、間口約40メートル(22間合)面積3340、82平方メートル (約1012坪)道に面して表門、奥に主屋、主屋の東隣りの隠居屋、主屋南西に土蔵が建つ。この屋敷構えは江戸時代末期の様相を伝え、当時の位置に屋敷地及び建物がほぼ完全に保存されている点で貴重である。
     なお 横田家から出た秀雄は大審院長に、その子正俊は最高裁長官になり、二代続いて裁判官の最高の地位についた。
     そのほか、秀雄の弟謙治郎(小松)は鉄道大臣となり、姉の和田英は「富岡日記」の著者として有名で、多くの秀才を生んだ家である。


    重要文化財 旧横田家住宅
    主屋・表門・隠居屋・土蔵二棟
    昭和61年1月22日指定


    平成4年3月
    長野県教育委員会
    お問い合せTEL 026-278-2274
    開館時間9:00~17:00(入場は16:30まで)
    休館日年末年始
    入場料 大人200円(150円)、小中学生100円(50円)
    ※象山記念館、旧横田家住宅2施設共通 / 大人320円(250円)、小中学生120円(90円) ()内団体20人以上の料金
    ※小中学生土曜日無料
    交通・駐車場長野ICから約1km
    JR長野駅から松代行きバス約30分松代駅下車+徒歩13分

旧横田家住宅で行われるイベント情報