信州松代観光協会ホームページ 信州松代観光協会ホームページ


 

史跡・博物館

大鋒寺 真田信之の墓
 墓碑は高さ3.3メートルの宝篋印塔(ほうきょういんとう)で、塔身の正面に『大鋒寺殿徹巌一当大居士』、その下の基礎石正面に三行書きで、中央に『骨頭片々即琺身』、右に『万治元戌年』左に『10月17日烏』と陰刻されている。
 真田信之は、昌幸の長男として永禄9年(1566)に生まれ、弟に信繁(幸村)がある。元和8年(1622)10月、小県郡上田城から移って、埴科・更級・水内・高井の四郡十万石を領知し、民政に力を用い名君とうたわれ、松代藩の基礎を固めた藩主である。松代藩主として35年、明暦2年(1656)10月、子の信政に家督を護って臣とともに柴村の館(やかた)(大鋒寺の地)に隠居し、2年後の万治元年(1658)10月17日、93歳で死去した。
 館の地で荼毘(だび)に付し、その灰塚の地に墓碑が建てられた。信之の館をそのまま寺としたとも、舘の材を用いて改築したものともいわれるが、信之の法号に依り大鋒寺とした。


史跡 真田信之の墓
長野市指定文化財
昭和42年11月1日指定


平成8年3月31日
長野市教育委員会
The Historical Site
The tomb of the feudal lord Nobuyuki Sanada
Nagano City Cultural Asset Established November 1st in 1967










サイト内の検索
松代文化財ボランティアの会
旧白井家表門での湯茶の接待、町内ガイド、真田宝物館ほか
文化施設での展示説明等を行っています。ガイド予約も受け付けます。
お問合わせ/
TEL・FAX 026-278-9010(受付10:00~15:00)
ホームページ

日本100名城スタンプ
日本100名城スタンプの設置場所は真田邸の受付です。

休館日のお知らせ